ベースメイク

レイチェルワインの「コントロールカラーベース」使用感レビュー!

コントロールカラーとは、化粧下地の一種でコンシーラーとは違います。
隠すためのコンシーラーと違って、肌の色を調整するアイテムです!!
目の下のクマやくすみ・赤み・黄色みなどの肌の様々な色ムラを整えると、ファンデーションの発色が良くなります!
さらにアイシャドウの下地として使用したり、コンシーラーと合わせて使うとメイクの仕上がりが変わるのだとか!!

リキッドタイプやクリームタイプのコントロールカラーだと、油分が多いので肌に残ると参加して肌トラブルを起こす原因になってしまうこともあると言います。
そこで、レイチェルワインのコントロールカラーを試してみました!

今回は、レイチェルワインの「コントロールカラーベース」使用感レビューをお伝えします。

使用してみた感想

早速、使用してみた感想から!!

細かいパウダーですので、ぶちまけないように注意です。

これ1つだと、若干カバー力にかけるので私はファンデーションとコンシーラーも使いました。

部分的にくすみや色むらをカバーするのに重宝します。

重ねて塗っても厚塗りにならないところがGOOD!!

レイチェルワインの「コントロールカラーベース」は、2色を使い分けます!

イエロー

肌を明るくカバーして、黄色系の肌でも浮かな万能なイエロー!

色素沈着やくすみ、ほうれい線が気になる人におすすめの色です。

ミネラルパウダーアイシャドウ前のアイベースとして使うとフィット感と発色が良くなります。

オレンジ

クマなど茶色い系のくすみをカバーしてくれます。

血行不良や顔のたるみによってできる影の色消しとしても役に立つので、部分使いに重宝するオレンジです。

コンシーラーと合わせて使うとカバー力UP!!

完成したメイク

レイチェルワインの「コントロールカラーベース」を使って仕上げたメイクがこちら↓

ニキビ跡を隠すのにも便利でした!

価格

2.5g:1,944円(税込)

成分:アルミナ、マイカ、ラウロイルリシン、酸化チタン、シリカ、酸化鉄、酸化スズ

 

ミネラルファンデーションファンサイト参加中